家庭内食中毒を防ぐ

超こだわりみんなの生活の知恵まとめ

家庭内食中毒を防ぐ為に行っている工夫


いよいよ梅雨入りし、食中毒に対する注意が必要な時期となりました。

実は家庭内での食中毒が一番多いのだという記事を読んで以来、我が家でもキッチン周りの対策を徹底するようにしています。
調理前にしっかり手洗いするのはもちろんのこと、使用するまな板や包丁にはその都度必ず熱湯をかけて消毒していますし、使用後にも再度熱湯をまわしかけ、可能であれば日光に当てて完全に乾かすことも忘れません。

盲点となりがちなのが食器洗い用のスポンジで、菌が繁殖しやすい今の時期は割り切って毎回使い捨てにしています。
これ以外にも食品の傷みが気になるので、冷蔵庫の開閉は出来る限り素早く済ませるようにしています。その為庫内のどこに何を入れているかを毎回しっかり把握しています。
夏場に欠かせない麦茶も作ってすぐにはしまわず、粗熱をしっかり取るよう心がけています。

 

 

関連記事⇒おいしく食べ物を食べるために冷凍保存に関する生活の知恵

 

食中毒対策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧